平凡なサラリーマンの私が、「1億円」でしたいこと

サクラ資産運用

質素で穏やかな毎日を笑って過ごしたい

1億円と聞いて多くの人は贅沢しようと考えるのではないでしょうか。例えば、、、

  • 豪遊したい
  • 世界一周したい
  • 高級車を乗り回したい
  • タワマンに住みたい
  • ギャンブルでもっと増やしたい

これらはつまり、現状からの「変化」を望んでいるということになります。そして、その変化には2つの要素が含まれていると思います。

今より楽に生きたい

今より楽しいことをしたい


しかし、この2つの同時進行は危険です。少し考えればわかりますが、収入を減らして支出を増やせば、1億円ぐらいでは全く足りません。望むのはどちらか一方にすべきです。

そして私だったら、「今より楽に生きる」ほうを選びます。これは個人の価値観によるので、どちらがいいということはないと思います。

余計なものはいらない

無くてもいいものにお金をかけないことが、「楽に生きる」ためには必要だと思います。そして、”無くてもいいもの“の基準をどこまで広げられるかがポイントになると思います。

  • 新幹線は絶対グリーン車
  • 駅から10分以上の時はタクシー
  • 自家用車はもちろん高級外車+観賞用のクラシックカー
  • 家のトイレは3つ
  • 風呂はジャグジー、サウナ付き

私はこんな家に生まれました。 親にとってはどれも”必要なもの”でした。 しかし、 今の私にとって、これらは全て”無くてもいいもの”です。そして、私は金持ちの子から平凡なサラリーマンになりました。

つまらない人間ほどお金に頼る

今の世の中、お金がないと生きていくことは難しいでしょう。しかし、お金は生きていくための最低限だけあればいいと思います。だから、必要なお金はなるべく楽に貯めて、お金の心配をしなくてもよい暮らしを目指しています。

つまり、私がなぜ1億円を貯めようとしているかというと、何か楽しいことをしようというのではなく、必要なお金を確保してお金のことは考えずに生きたいということです。

お金のことは考えずに生きるといっても、ただ生きているだけでは面白くない。やっぱり楽しむためのお金も必要だ。」と思うかもしれません。お金儲けそのものが生きがいの人はお金のことを考えて生きればいいと思いますが、それ以外の”お金をかけることでしか満足を得られない人”は、お金との付き合い方を考え直してもいいと思います。

お金を使うことに縛られず、質素でも居心地のいい場所で居心地のいい家族・仲間と静かに暮らす。これがお金では買えない最高に価値のある幸せだと私は思います。

お金をかけない最高の生きがい=筋トレ(ここ大事)

楽しむためにお金はいりません。そう、筋トレをしていれば。私がお金に縛られずに何をしたいかというと、「歳をとっても健康的な体を維持し、幸福な気持ちで毎日過ごす!」です。何も不安がない状態がどれだけ幸せか。考えただけでワクワクが止まりません。ちなみに、小学生のころの将来の夢は、早く幸せな老後を迎えるです。ずっと一貫しています。

健康な体を維持するために大切なのは、若いうちから鍛えておくことです。なぜなら、筋肉は鍛えた期間が長ければ長いほど失われるスピードがゆっくりになるからです。長く健康でいたいなら、今すぐに筋トレを始めましょう。

最後に、筋トレをして健康的に楽しく過ごすためには、家族が必要です。一人で筋トレしているジジイになっては、おそらく退屈でしょう。配偶者または配偶者候補がいる方は、たぶんメチャクチャ大事にしたほうがいいです。いない方は、、、大丈夫です。筋トレして、聞かれるまで筋トレしていることを黙っておいてください。モテます。

まとめ

  • 生きるために1億円貯める
  • お金のことを考えずに幸せな毎日を!
  • 家族は大事。筋トレをしよう。

以上、「好きなことを仕事にする」ではなく、「仕事をしないで好きに生きる」を目指す田螺マンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました